コミュニケーション

【大丈夫】コミュニケーションが取れない人の特徴から対策を考えた結果

「失敗が怖くて、コミュニケーションが取れない・・・」

というあなたの悩みを解消する方法をご紹介します。

因みに、コミュニケーションが苦手な人でもすぐに実践できる方法のまとめはコチラです↓
【解決】コミュニケーションの苦手を一気に解消するまとめ

コミュニケーションは人が生きていく上で避けて通るのは難しいです。

ネットでコミュニケーション取るのが当たり前になったとはいえ、ネットの向こう側にいるのもやはり人間だからです。

ですから、相手が不快に思う内容を投稿すると当然相手は怒りますし、気の利いた投稿をすると相手は喜びます。

ネットもリアルと同じくコミュニケーションなしでは語れないのです。

そうすると、コミュニケーションが上手く取れない人は辛い世の中です。

そこで、彼らの特徴をまとめた上で解決する方法を考えていきたいと思います。

 

コミュニケーションが取れない人の5つの特徴

目を合わせるのが苦手

コミュニケーションが苦手な人で多いのが、相手と目を合わせるのが苦手ということです。

単純に恥ずかしいのと、自信がないという理由で目を合わせられないのですが、相手からすれば自分の話を聞くのが嫌なのかと勘違いされてしまう可能性があります。

 

自分から話し掛けるのが苦手

相手から○○と思われたら嫌だという恐怖心や、自分の言ったことを否定されるのを避けたいというプライドが邪魔をして、自分から話し掛けれない状態になっています。

また、そもそも何を話していいかわからないといったことでも、話せていないことが多いです。

 

相手の気持ちを考えれない

相手に興味がないため、相手が求めていることをそもそも知ろうとしません。

そのため、自分のしゃべりたいことだけを一方的に話してしまう傾向があります。

また、相手の気持ちを理解して、相手の行動を先読みしてアウトプットを出すといったことも苦手です。

 

相手の話を理解できない

情報や理解力が乏しいために、相手が言っていることを理解することが難しいことがあります。

理解できなかった部分はその場で確認すればいいのですが、恥ずかしさやプライドから聞けずに、相手が求めるものをはき違えたままで最後までいってしまうことがあります。

 

インドア派が多い

コミュニケーションが苦手な人は、外に出るとコミュニケーションが発生して疲れるのがわかっているため、それを避ける傾向があります。

 

コミュニケーションが取れない人がやるべき5つのこと

上記5つの特徴を踏まえた上で、やるべきことを5つにピックアップしました。

視線を外せる位置につく

相手と目を合わせるのが苦手ならば、相手と目を合わせる機会を減らすだけです。

そのためには、相手の真横に陣取るか、L字型に陣取るのがよいです。

紙やPCを使って話すなら、真横に陣取るのがいいですし、普通に会話するならL字型に陣取るのがいいでしょう。

心理学的にも、相手の真正面にくると敵対感情が出やすくなってしまうため、真横かL字型がお勧めです。

 

話しやすい人の協力を得る

相手に対して恐怖心が生まれるのは、まだ心を許していない証拠です。

直接その相手に話しかけるのが難しいなら、間に心を許した人に入ってもらって言いたいことを伝えるのも手です。

その時、緊張して話す内容が飛ぶ可能性があるなら、予め言いたいことを紙に書いておいて、それを見ながらしゃべるのもありです。

目的は相手に言いたいことを伝えることですから、手段の見てくれなんてどうでもいいんです。

 

無理やりでも相手のことを考える時間を作る

相手に興味がない人に、興味を持てと言っても難しい話です。

ですから、相手のことを考える時間を仕事として強制的に作る他ありません。

具体的には、自分が相手だった場合にどう思うかを考えることです。そして、もう一歩踏み込めるなら、心許せる人に自分の考えに対して客観的に意見をもらうのもよいです。

そうすることで、独りよがりな会話になるのを防いでくれるでしょう。

 

相手の話が理解できるまで確認する

情報や理解力が乏しいために、相手が言っていることをすぐに理解することが難しいならば、最後に話の内容を確認しつつ、不明点を教えてもらうのが一番です。

その時、紙に要点をまとめながら確認していくと間違いもなくなりますし、相手も紙に要点を書いてくれる場合があります。

また、何度も聞きづらい相手なら、心許せる人に解釈してもらったり、教えてもらうとよいでしょう。

 

インドアなりにコミュニケーションを取る

一人好きな人にとっては、外に出てのコミュニケーションは苦痛以外の何物でもありません。

そのような人は、SNSやゲームでの匿名性があるなら意外とコミュニケーションできたりします。

ですから、それを続けることはコミュニケーションスキルを育てる意味では有益です。そのまま続けて自信をつけていきましょう。

 

以上、コミュニケーションが取れない理由から対策を考えた結果でした。

-コミュニケーション

© 2020 Mindstyle Press