息抜き

アフリカ旅行は偶然だった!?新たな出会いが期待を最高潮へと導いた!

”えくてと”です。

子供が海外旅行に耐えうるまでの大きさに成長し、とうとう家族で初となる海外旅行に行く計画を立案中です。

因みに海外旅行がいつ以来ぶりかというと、約9年前に新婚旅行でアフリカに行ったきりです。

で、そのアフリカ旅行が『かなり良かった』思い出があるので、その時のことを振り返りながら書いてみようと思いました。

 

アフリカ旅行は偶然の産物だった!

元々は、南米のマチュピチュに2010年3月に行く計画を立てていたのですが、覚えている人がいるかもしれませんが、その年の1月27日にマチュピチュで近年稀にみる大洪水が発生しました。

それに伴い、マチュピチュは3月まで復旧の見通しが立たず、旅行会社から行く先の変更を余儀なくされたのでした。

気持ちはすでに南米まで行ってしまっていて、せっかく行くのだからその周辺のブラジまで足を伸ばそうと、自力で領事館までビザを取りに行くほど準備万端だったのに・・・。

旅行の2ヵ月前に変更を余儀なくされた私と妻は、仕事の都合もあり何とか3月の予定を変えることなく、候補を探しました。

アラスカのオーロラやヨーロッパのセルビアなど有名どころも候補に検討をしましたが、私たちの中では『マチュピチュからすればベタな選択肢と言わざるを得ないなぁ・・・』ってな感じでさらに旅行先を探し続けることにしました。

そして、そのような考えを旅行会社に暫くぶつけつつ旅行会社から提案されたのはアフリカでした。

そのアフリカ旅行の具体的なプランは、6泊8日の添乗員付きのプランです。

まず、ザンベジ川サンセットクルージングに向かうために南アフリカ経由でジンバブエへ入国します。そして、2日目はボツワナのチョベ国立に移動してリアルサファリを味わい、3日目には世界3大瀑布であるビクトリアフォールズをザンビア側とジンバブエ側から味わいます。

そして、4日目に南アフリカに移動して、2000頭のオットセイに出会えるドイカー島への遊覧クルーズ、大量のペンギンに出会えるボルダーズビーチ、喜望峰、テーブルマウンテンと名所の観光ラッシュです。

そんな提案を受けた私たちは、家に帰って早速パンフレットを穴があくほど読み込み、互いに膨らませた妄想をぶつけ合い大いに盛り上がります。

アフリカは私たちの中ではその当時はまだまだ未知の国で、候補に浮かぶことすらなかったのですが、2人で85万円とマチュピチュの100万円超えよりも安くかつ、インパクトはマチュピチュ以上という候補が急遽出てきたため、もうそれに乗っからない理由がありません。

ということで、早速次の日に申し込みを行いました。

申し込み後は、毎日ネットで仕入れた情報をもとに妄想を更新しつつ、相変わらず妄想を夫婦で戦わせる日々を続けていました。

しかしながら、ネットにおいて当時はまだアフリカの情報は多いと言えなく、妄想を更新するのには限界がきていました。

そこで、当時大手で唯一アフリカのガイドブックを発刊していた『地球の歩き方』にとうとう手を出してしまいます。

読んでみた感想は、『地球の歩き方』はやはり凄いの一言です。

国の基本情報はもちろん、どこが危険か、持っていったら便利なものまで、まさに痒い所に手が届くとはこういうことかというお手本のような本と言えるでしょう。

そんな情報の塊を手に入れた私たちは、旅行の当日まで盛り上がらないはずはありませんでした。

 

アフリカ旅行前の乗り継ぎで香港を満喫

香港市街地へ乗り込む

今回のツアープランは、アフリカに直行という訳にはいかず、香港で乗り継ぎがあるというプランでした。

香港に昼に着いてから、アフリカ出発までの待ち時間は約10時間です。

旅に寄り道は付き物ということで、その時間を使ってもちろん香港観光を行う私たち。(香港は乗り継ぎでも外に出れるので観光可能なのです)

空港から香港エアポートエクスプレスに揺られて約20分程で香港市街に到着します。

その時に印象深かったのは、電車の窓から見える高層の廃墟ビル群です。

その廃墟ビル群の圧倒的な存在感とノスタルジーさに思わず見とれてしまった自分がそこにいました。

そのような中、電車は相変わらず休むことなく市街地に向けて順調に動いており、とうとう香港島へ到着します。

到着後は、まず市場へと向かいます。

市場へ向かう途中、香港人でないアジア系の女性が多数発見。

よくよく様子を見ると、どうもインドネシア系の女性達でデモを行っているようでした。

香港にインドネシア系の人が多数いるのは、メイドとして仕事に来ているからなんですね。

その人達がデモを起こしているということは、メイドの処遇についてのデモだったのかもしれませんが、中身はよくわかりませんでした。

 

香港下町のローカル食堂へ

そのデモを横目に私たちは腹ごしらへすべく、下町ローカル食堂へと足を運びます。

店に入り、注文を終えた私たちは料理が来るまではお茶で我慢しつつ、おじちゃんが台車で料理を運んでくるのをいまかいまかと待ち構えます。

そして、最初に運ばれてきたのが肉シューマイです。

到着した瞬間に速攻で肉シューマイを小皿に取り分け食します。

肉汁が"ジュワ"っと出てきて激美味しいでした。

その他にもハチノスを蒸したローカル料理も食べれて満足です。

食事後は茶器を買うために市場から移動しようとしたのですが、方向がわからず戸惑っていたところ、現地の人に声を掛けてもらい、目的の茶器のお店付近まで送っていただきました。

香港の人は優しいですね。

そんなホッコリするような出会いで気分良くなりながら、目的の茶器のお店に到着。そして、早速茶器を物色します。

結局、茶器は1万ぐらいの蓋付きのセットを購入したのですが、後々良く見ると、フタがどうも本体の茶器と微妙に違うんですよね。

それなりの立派な店だったのですが、これは店に一杯食わされたかもしれません。

 

香港下町の市場探索

茶器の購入を終えた私たちは、次に下町の市場の探索を行いました。

市場はやはりその土地の色が濃く表れるので旅行の際には行っておくべきですね。

私は中国の市場を見ると、どうしてもストⅡを思い出してしまいます。

特に、肉をそのまま剥き出しでぶら下げている様子なんかをみると。

やっぱり調理した食材が剥き出しにされているという状況を見ると、生きるために食べるんだということを改めて思い知らされて、そこで生活する人のパワーを感じざるを得ませんでしたね。

また、街探索の途中で結婚式用のスチール写真を撮っている場面にも遭遇しました。

幸せそうでした。お幸せに!

その後、街歩きにも疲れてデパート前の広場で30分程休憩です。

買物客で賑わっている様子がわかると思います。

 

夕食と香港の夜景を楽しむ

しっかり休憩した後は体力が回復したので、日本にもある本場の糖朝で食事です。

日本では糖朝はスィーツが有名でマンゴープリンとか食べれますが、香港ではゼリーにイチゴが入ったスィーツとか、マンゴーゼリーにタピオカが入ったようなスィーツを食べました。

味はもちろん美味しかったですよ。

そして、糖朝はスィーツが有名ですが、本場の広東料理も食べれるんです。

食事も言うまでもなく、美味しかったです。

食事を食べた後は、定番の夜景を見に行きました。

ホテルと噴水とライトアップがとりあえず綺麗だったのでパチリ。

その後、毎日午後8時から13分間に渡り、九龍半島と香港島の間の湾『ヴィクトリアハーバー』で開催される光のショー『シンフォニー・オブ・ライツ』を見るべく移動します。

残念ながら霧でしたが、十分短時間の間に香港を堪能できました。

 

アフリカ旅行一番の危機に直面!!

香港の夜景を楽しんだ私たちは、23時50分発の南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ行きのフライトに乗るべく空港に戻ります。

余裕を持って21時くらいに空港に着き、出発ゲート前の椅子に鎮座して暇を持て余している状態でした。

その間、妻は長期のフライトに備えてトイレで化粧を落とすという作業を行い、準備万端な状況まで完了済みです。

そのよう中、フライト30分前になっても搭乗ゲートに人気が集まるような様子はありません。

嫌な予感がしてフイト掲示板のゲート番号を確認してみると、どうもゲート番号が変更されてた模様。

変更後のゲートを見ると、『空港の端から端やないか~い・・・』ということで、嫁と大人になって初めてというぐらいのスピードでダッシュしましたよ。

走っている最中は、まさか『新婚旅行がサブの香港で終わるんじゃ・・・』とか、『70万円くらいパーじゃないのか・・・』とかが頭の中を駆け巡りましたよ。

そして、目的の搭乗ゲートに着いたときには半分位の客がゲートを通過してましたよ。

そのような中で、添乗員さんが私たちの名前を必至で呼び続けている状態でした。

息を切らせながら添乗員さんに初めましての挨拶をし、最終隊列に並びこむ私たち。

あの時は、今から思い返しても本当にやばかったです。

乗り遅れた場合は、やっぱり容赦なく出発してしまうんでしょうね。

で、無事に何とかフライトに間にあった私たちは、13時間20分という人生初の長時間フライトにチャレンジします。

当時には既に、各個人の座席の前にそれぞれ専用のモニターとそのモニターをコントロールするためのスーパーファミコン型のコントローラを有したシステムがありました。

そんなシステムで映画はもちろんのこと、テトリスのようなシンプルなゲームができたりします。

暇つぶしには持ってこいですが、映画は英語で聞くのが疲れますし、ゲームも単純なゲームなのですぐに飽きてしまいます。

ですから、夜中発のフライトということもあって寝ることを頑張ってました。

でも実際、直立に近い形で寝るのは結構キツくて、1~2時間寝ては起きての繰り返しでした。

そして、その合間にエコノミー症候群にならないよう、座りながら足のつま先をつけたまま踵を上げたり下ろしたりの繰り返しで、血栓ができないよう頑張ってました。

そして、そんな頑張りもあってとうとうアフリカ東部のマダガスカル島上空までやってきます。残り2時間ぐらいといったところでしょう。

残り2時間は、ガイドブックなどを確認しながら暇つぶしをしていた感じで、正直、このような長時間のフライトは2度とゴメンですって感じでした。

そんなこんなで何とか13時間20分を耐え抜いた末に、ヨハネスブルグに到着~。

 

南アフリカ共和国ヨハネスブルグの危険な雰囲気を体感!?

空港は見ての通り非常にキレイで最先端を行っているような感じなのですが、油断ならないのが南アフリカのヨハネスブルグです。

当時のヨハネスブルグは、世界の中でも著しく犯罪が多い都市として挙げられており、日本の外務省からもヨハネスブルグの危険情報が1例として出されているほどです。

例えば、ヨハネスブルグの交差点で律儀に赤信号で車を止めたら、その止めた瞬間に窓ガラスを割られて荷物を盗まれたとか、高速道路で故障した車を点検していたらギャングに殺されたなどの事件も起きています。

そして、私が調べた中でもっとも印象的だったのが、ヨハネスブルグにおける犯罪被害率200%という値です。

普通、%は100を超えない値で使われることが多いですが、これはどういう意味か最初全く理解できませんでした。

で、ゆくゆく調べてみると街へ出て窃盗に遭った人が、またその帰り道に再び襲われるなど、2回も被害に遭ってしまうという恐るべき値だったのです。

そのようなこともあってか、ビクトリアフォールズへの一瞬の乗り継ぎであっても旅行会社の現地スタッフが、荷物の載せ替えのためだけに空港まで出向いて荷物が盗まれないようサポートしてくれたのです。

そして、現地スタッフと別れたツアー客一行は、ジンバブエのビクトリアフォールズ行きのフライトへと乗り込みます。

飛行機は小型機で、地面に接地されたタラップから直乗りです。

そして、約2時間のフライトを終え、ジンバブエのビクトリアフォールズ空港へと降り立ちます。

因みに、荷物は写真のようなカートに乗せられ、人が手動で荷物受取所まで運んでました。

荷物を受け取り外に出ると、現地のアフリカ人がダンスでお出迎えしてくれます。

彼らはTHE原住民的な衣装になってますが、これは営業用の衣装で、普段は普通に服を着ているとガイドの人が言ってました(#^^#)

ということで、今回はここまで。

次回はザンベジ川サンセットクルージングから紹介していきます!

これはホント良かったんですよ~。

 

安心のルックJTBや、お手頃価格が魅力のJTBお買得旅!

-息抜き

© 2020 Mindstyle Press